BLOG ブログ

脳ドックとは?分かる病気、受ける方が良い理由、メリット、疾患が発見した時、費用など

周りに脳梗塞や脳卒中など脳の病気にかかったことがある方、おられるかもしれません。急に発症することもあり、だからこそ定期的な脳ドックが必要です。隠れた疾患を早期発見・早期治療しませんか。

脳ドックで分かる病気、注意事項、脳ドックを受けるメリットやMRIやエコーを使った脳ドックのプランや費用など、ご紹介します。

脳ドックとは?

仕事やライフスタイルにも大きな影響を及ぼす脳の病気は、高血圧や糖尿病などの生活習慣病を要因として突如発症し、死に至ることも珍しくありません。
脳ドックとは、脳卒中や脳腫瘍といった脳疾患の早期発見のために、MRIなどで調べるドックコースの総称です。
早期発見・早期治療が何よりも重要となるため、脳血管疾患の予防には脳ドックの受診をお勧め致します。

脳ドックで分かる病気

脳ドックでは主に以下のような病気がわかります。複数の検査を組合わせて受診することで、病気のリスクをより正確に診断します。
【頭部MRI検査】
脳腫瘍、脳萎縮の程度、過去に生じた無症候性脳卒中など脳実質の状態、動脈瘤(くも膜下出血の原因)
【頭部MRA検査】
脳動脈瘤や狭窄、閉塞など、脳血管の様子
【頚動脈エコー検査】
狭窄や動脈硬化など、頚動脈の様子

脳ドックを受けた方が良い理由

脳梗塞やくも膜下出血などの脳血管疾患は、突然発症しそのまま命を落とすケースも少なくありません。
また、発症後に一命をとりとめたとしても、身体に麻痺や言語障害などの後遺症を残すケースも多く、一度の発症で人生を大きく左右する恐れのある疾患です。
自覚症状など前触れなく発症することが多いため、病気を未然に防ぐには、高血圧や糖尿病をはじめとする発症リスクを減らすことが重要です。

脳ドックを受ける方が良い方

・40才以上で、一度も脳ドックを受診したことがない方
・高血圧、脂質異常(高脂血症)、動脈硬化などの診断を受けたことがある方
・家族や血縁者にくも膜下出血や脳動脈瘤になった人がいる
・糖尿病の方
・肥満気味の方
・頭痛などの自覚症状がある方
・物忘れが最近激しいと感じる方

脳ドック検査時の注意事項

脳ドックはMRIを用いるため、金属類などは持込厳禁です。また、妊娠中など検査が出来ない場合もあるので、詳しくは持込厳禁など記したブログをご覧ください。

脳ドックを受けるメリット

脳ドックを受けるメリットは、脳の動脈硬化のチェックと診断、そして予防が出来ることです。
また、無症候性脳梗塞や未破裂脳動脈瘤など、脳にできる様々な疾患を早期発見することが出来ます。
脳ドックは、脳卒中をはじめとする脳の病気になる危険な兆候を見つけられる為、重症化しないうちに医師のもとで治療を進められます。
脳の構造は非常に繊細で、一度細胞が破壊されるとなかなか再生することが出来ません。そのため、定期的に脳ドックを受け、見つかった病変部位が広がっていないか、進行していないかをチェックすることが大切です。

脳ドックのプラン・費用

当院ではいくつか脳ドックのプランをご用意しています。一部をご紹介いたします。
・シンプル脳ドック(頭部MRI・MRA、頚部MRA)、20.000円
・ベーシック脳ドック(頭部MRI・MRA、頚部MRA、当日説明有)30.000円
・スペシャル脳ドック(頭部MRI・MRA、頚部MRA、頚動脈エコー、当日説明有)35.000円

【オプション(一例)】
・動脈硬化検査(ロックスインデックス、内臓脂肪CT、心電図、ABI、血液検査等)
・MCI(軽度認知障害)スクリーニング検査プラス 
・BHQ検査(脳の健康状態をAIで数値化)

◆人間ドックプラン・料金・予約◆

脳ドックでもし疾患が見つかったら?

検査の結果、精密検査や治療が必要と診断された時には、当院と連携する医療機関へご紹介することも可能です。
当院は大阪市北区を中心に200以上の医療機関と連携しています。患者様のご希望などを伺いながらご紹介先を検討し、必要書類など作成いたします。
必要な場合には、紹介先の初回受診予約をお取りします。
心配や不安なことがあれば、遠慮なくお聞きください。