ABOUT US 当院について

FEATURE 当院の特徴

●地域との連携

●地域との連携

院長である宮本は、大学院修了後の留学先のドイツで、放射線科医の約1/2は診療所で働いていることを知りました。
その後、市立静岡病院画像診断科に勤務し、画像診断の病診連携を進め、地域のクリニックの先生方と交流を重ねました。
平成17年(2005年)4月、市立静岡病院を辞し、当地で放射線科単科の診療所を開設。当初の理念は、『市民の身近の放射線科専門クリニック』でした。
その後、約200の診療所、7つの病院、1つの大学附属病院と連携していただけるようになりました。
●画像診断の専門性

●画像診断の専門性

開院から14年が経過した平成31年(2019年)に、当院は医療法人となりました。
当地にしっかりと根を張ることができたと思い、理念を『放射線科としての専門性を高め、他の診療科との連携を進める』と改めました。
優秀な人材を集め、機器の更新を進め、日進月歩の画像診断技術を使い、地域の放射線科として画像診断という領域の中で、ささやかながら貢献したいと思います。

DOCTOR 医師紹介

宮本 信一

院長 宮本 信一 MIYAMOTO SHINICHI

主な経歴
昭和59年(1984年) 大阪医科大学卒業
大阪医科大学病院 小児科
京都大学放射線科・核医学科 医員
天理よろづ相談所病院放射線科 医員
京都大学大学院
彦根市立病院放射線科 医員
ドイツケルン市小児病院放射線科 助手
静岡市立病院画像診断科 科長
神戸逓信病院放射線科 部長
平成17年(2005年)4月ラジオロジークリニック扇町 開院
資格・所属学会
・京都大学医学博士
・血管内レーザー焼灼術実施医・指導医
・脈管専門医
・日本医学放射線学会放射線診断専門医
・マンモグラフィ読影認定医
・日本医学放射線学会
・日本IVR学会
・日本乳癌学会
・日本静脈学会
母校、大阪医科大学を卒業後に京都大学放射線科・核医学科で放射線科医として研修を積み、甲状腺の研究をしました。
放射線科単科の診療所を開設しようと決心した背景には、留学先のドイツで放射線科医の約1/2が診療所で働いていることを知ったことがあります。
その後、市立静岡病院画像診断科に勤務し、画像診断の病診連携を進め、地域のクリニックの先生方と交流を重ねました。

放射線科医の担当領域は、全身に及びます。
画像の中にある病気を探す作業や、カテーテルを操って病気の間際に迫る仕事は、魅力があります。
これまで得た経験をもとに大阪市北区で画像診断医として、最善の治療に結びつけられるよう、ささやかながら貢献していきます。
  • 島谷 直希

    医師 島谷 直希

    ・杏林大学医学部 卒業
    ・日本医学放射線学会放射線診断専門医

FACILITIES 院内紹介

  • ①MRI 3.0T Siemens MAGNETOM Skyra
  • ②MRI 1.5T Siemens Avanto fit
  • ③CT 80列 Canon Aquilion Prime SP
  • ④エコー Siemens ACUSON S2000
  • ⑤アンギオ装置 フィリップス社製 BV Pulsera12
  • ⑥待合室
  • ⑦診察室
  • ⑧更衣室