BLOG ブログ

乳がん検診お勧めの方、メリット・デメリット、受ける方が良い理由、費用など

乳がん検診て、胸に痛みもしこりも無いのに必要なの?と思う方もいるかもしれません。症状がないからこそ定期的に検査をする事が大切です。乳がん検診にはどんな検査があるのか、費用はどれくらいか等ご紹介いたします。

乳がん検診ってどんな検査があるの?

乳がん検診には主に2つの検査があります。『超音波検査(エコー検査)』と『マンモグラフィ』です。年代によりお勧めする検診の種類が変わります。
「自分は大丈夫」と思っていても、9人に1人がなると言われている乳がん。自覚症状がなくても、年に1回定期的に検査をされることをお勧めします。
それでは各検査について詳しくご紹介いたします。

超音波検査(エコー検査)とは?

超音波検査は、人間の耳には聞こえない音を臓器に当てて返ってくる反射の様子を画像にしているものです。超音波を出す器具を直接乳房に当てて動かし、写し出された画像を見ながら診断を行ないます。超音波は数ミリ程の小さなしこりを見つけ出すことができます。

乳腺エコー、どんな人におすすめ?メリット・デメリットは?

【おすすめの方】
放射線被ばくを避けたい妊娠中の方、若年の方(20~30代)、乳房の圧迫に耐えられない方、豊胸術を受けた方、高濃度乳腺(デンスブレスト)の方など。
【メリット】
検査は痛みがなく、放射線や薬を使わないので、身体への負担は軽い。妊娠中の方も検査が可能。
【デメリット】
微小な石灰化が見つかりづらく、早期発見には向かない。

マンモグラフィとは?

触診では発見できないとても小さなしこりも発見できます。しこりだけではく、初期症状の一つである石灰化や腫瘍などを発見出来るのが、マンモグラフィ最大のメリットです。

※石灰化とは?・・・がんではありませんが、がん細胞が増殖する際に分泌されたり、死滅したがん細胞が石灰化したりします。マンモグラフィではこの石灰化を発見する事が可能です。

マンモグラフィ、どんな人におすすめ?メリット・デメリットは?

【おすすめの方】
乳腺の石灰化が問題になっている方、閉経後で乳腺が萎縮し、その代わりに乳房の多くが脂肪に置き換わっている方など。
【メリット】
 触診ではわからないしこりや石灰化を発見出来る。
【デメリット】
 若年層の方の場合、乳腺としこり・石灰化の判断が難しいことがある。妊娠中は検査出来ない。
多少ではあるが放射線被ばくがある。

乳がん検診に乳腺エコーとマンモグラフィ以外あるの?

当院では、乳腺エコーとマンモグラフィ以外に乳腺MRI検査があります。
これは強い磁力を発生するMRI 装置を用いて乳房の病巣を画像化し、診断する検査です。エコーやマンモグラフィでも分からないようながんを見つける事が出来ます。
この検査は、依頼元の医師からの依頼に基づき実施しております。もしくは自費診療でエコーとマンモグラフィ、乳腺MRIを実施するドックプラン(55.000円)もあります。

なぜ乳がん検診は受けた方が良いのか?

日本人の2人に1人が生涯でがんにかかると言われていますが、がんの中で女性が一番かかりやすいのが『乳がん』です。
罹患率は40代後半~60代後半が発症のピークですが、若い年代でも発症する可能性があります。また、閉経後の方でも罹患率の高い病気です。
 しかし、乳がんは早期発見早期治療を行なえば、治癒率の高い病気でもあります。
(乳がんの5年相対生存率は、ステージⅠで99.8%、ステージⅡで95.9%。2019年国立研究開発法人国立がん研究センターより抜粋)
 また、エコーとマンモグラフィではそれぞれのメリット・デメリットを補い合うので、両方の検査をされる事を推奨しています。

乳がん検診の費用

【乳腺エコー】
・保険診療(3割) 約2.000円
・大阪市民検診(30代) 1.000円
・自費診療     5.500円

【マンモグラフィ】
・保険診療(3割) 約2.000円
・大阪市民検診(40才~) 1.500円
・自費診療     5.500円

【乳腺エコー+マンモグラフィ】
・保険診療(3割) 約4.000円
・自費診療     10.000円
※上記金額は目安。状況に応じて追加検査をした場合、金額が変動致します。

乳がん検診の結果が『要精密検査』だった場合

乳がん検診の結果が『要精密検査』だった場合、必ずしも乳がんを指摘するものではありません。乳腺エコーやマンモグラフィで見つかった病変が、どの様な状態か、治療が必要な状態なのかを診断するための詳しい検査を行ないます。
詳しい検査とは、
・細胞診・・・細くて長い針を刺し細胞を採取
・針生検・・・局所麻酔をしてボールペンの芯ほどの針を刺して組織を採取
などがあります。
こういった検査が必要と判断した際、ラジオロジークリニック扇町では実施出来ませんので、ご本人様のご意向を伺いながら他院へご紹介させて頂きます。

乳がん検診の予約方法、当日の流れ

【予約方法】
診療時間内に当院までお電話ください。
TEL:06-6311-7500
受付時間:9:00~19:00(月火水金)/9:00~17:00(木土)
自費の乳がん検診と大阪市乳がん検診は、ネットからもご予約可能です。

【当日の流れ】
①診療申込書(名前・住所等)、問診票を記入します。
②お着替えをします。(上半身のみお着替え。着替えしやすいよう、ワンピース等上下繋がったお洋服は避けて頂くとお着替えがスムーズです)
③検査の実施
④結果は3~4日程で郵送します。(症状がある場合等、状況に応じて当日結果説明することもあります)
 ※大阪市のマンモグラフィ検診の場合、3週間前後かかります。