BLOG ブログ

公務災害で受診時、必要なこと

今回は『公務災害』で当院を受診される患者様へ向けた内容です。

受診の際に必要な書類、受診までの流れなどご説明いたします。

公務災害とは?

公務災害とは、『地方公務員』または『国家公務員』が公務中や通勤中に怪我に遭ったり、公務が原因で病気に罹ったりすることです。
『地方公務員災害補償法』及び『国家公務員災害補償法』に基づいて、災害によって生じた損害の補償や社会復帰の促進、援護のために必要な福祉事業等が行われます。

公務災害による検査で必要なこと

①担当者へ連絡

公務災害によって検査を受ける場合、検査日時のご予約が決まり次第、勤務先の公務災害事務ご担当者様へ連絡をして下さい。

②必要書類の準備

検査当日までに必要書類をご準備ください。
職業や勤務地・雇用形態によって、請求方法や必要書類の様式等それぞれ異なるため、ご不明な点はご担当者様へお問合せ下さい。
また、書類には患者様ご本人またはご担当者様の記入が必要な欄も一部あります。ご確認のうえ記入ください。

③連絡先の確認

書類の内容や請求に関して、当院からご担当者様へ問合せをする場合があります。検査当日、患者様へ『ご担当者様の氏名』『連絡先』をお伺いしますので、事前にご確認ください。

必要書類が間に合わない場合

検査当日に持参出来ない場合

何らかの事情で検査当日に書類を持参出来ない場合(ご担当者様へ依頼中・申請中など)、保険証を必ずご持参いただき、ご来院時にその旨をお伝えください。
後日、必要書類ができあがり次第、書類原本を持参または郵送にて当院までご提出ください。

公務災害と未決定の状態で検査を受ける場合

勤務先から公務災害だとまだ決定されていない・相談中である場合は、検査当日は費用を保険診療もしくは自費診療にて一旦お支払いいただきます。保険証を必ずご持参いただき、ご来院時に受付へお伝えください。
後日、公務災害と決定されたら『必要書類』と『前回支払い時の領収書』を当院へ持参ください。差額を返金いたします。

書類の持参・返金時のお願い

当院の予約状況や時間帯によっては、受付や処理が混み合っている可能性があります。書類の内容確認や返金の処理にお時間がかかる場合もありますので、時間に余裕をもってご来院いただきますようお願いいたします。

公務災害なら直接予約が可能か?

公務災害による検査でも、患者様からの直接のご予約は承っておりません。

まずはかかりつけ医・お近くの専門医等の医療機関をご受診ください。MRIやCT等の検査が必要と主治医が判断した場合、医療機関から当院へお電話をいただき、ご予約をお取りします。(検査内容などの確認がある為、医療機関からのご予約が必須)

予約から検査までの流れ

①医療機関から当院へお電話いただき、検査予約をお取りします。ご希望の日時がございましたら、事前に医療機関へご相談ください。
②予約日時の確定後、勤務先の公務災害ご担当者様へ当院受診の旨をご報告いただき、検査までに必要書類をご用意ください。(書類の必要欄の記入もお願いします)
③検査予約日時にご来院ください。ご持参いただくのは次の内容です。
 ◆紹介元医療機関からの予約確認票
 ◆紹介状
 ◆勤務先からの必要書類(当日持参ができない場合、必ず保険証を持参ください)
④受付にて申込書や問診票等を記入いただき、医師の診察へご案内します。(検査の種類や部位により、更衣室にて検査着へお着替え頂きます)
⑤検査終了後、検査画像のCD-Rをお渡しいたします。
 紹介元医療機関に次回受診される際、お渡しください。(医療機関によっては、画像等も全てデータ送信する為、CD-Rのお渡しがない場合もあります)
 結果説明は主治医よりお聞きください。※当院での結果説明は行なっておりません※
 

最後に

以上、公務災害で検査を受けるにあたってご説明をいたしました。何かご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。

当院では、ご来院の患者様・お付き添いのご家族様への手指のアルコール消毒・検温のお願いや、スタッフ含めご来院される全ての方の院内でのマスク着用、診察室や更衣室・検査室等の消毒の徹底など、コロナ感染症対策を万全にして、皆様のご来院をお待ちしております。