BLOG ブログ

肺がんCTドック(低線量CT)

大阪市北区にあるラジオロジークリニック扇町です。

当院は各線梅田駅・大阪駅から徒歩15分の所にあり、高性能なMRIやCTなどの画像診断を行なう『画像診断専門クリニック』です。

 

当院の人間ドックにはたくさんのプランがあり、今回はその中の【肺がんドック低線量CT】についてご紹介いたします。

肺がんとは?

何らかの原因で遺伝子に傷がついて異常が起こり、異常な細胞が増え続け(増殖)、周囲に広がったり(浸潤)、他の臓器に移ったり(転移)してしまう細胞を『がん細胞』といいます。
がんが呼吸に関わる肺や気管支から発生したものを『肺がん(原発性肺がん)』と呼びます。また、胃や大腸など他の臓器から発生して肺に転移したものは『転移性肺腫瘍』と呼びます。

肺がんの最大の原因はタバコと言われており、タバコを吸ったことがない非喫煙者に比べて喫煙者では肺がんにかかるリスクが約4倍にも増加します。喫煙年数・喫煙本数が増えるほどにリスクが高くなり、禁煙を続けていればリスクも減っていきます。

また、受動喫煙(他者の喫煙によるタバコの煙にさらされること)、環境や職業によっては触れる機会のある化学物質(アスベスト・ヒ素・ラドン等)、家族歴(家族に肺がんになった人がいる)なども肺がんのリスクを高めることがあります。
喫煙者である方、過去に喫煙者だった方だけでなく、タバコを吸ったことがない非喫煙者でも肺がんにかかる可能性がある、ということです。

部位別がん罹患数・がん死亡数

罹患とは、新たに診断されることです。
※下記は国立がん研究センター がん情報サービス(がん種別統計情報)より、抜粋。

部位別がん罹患数(2018年)
【男性】
①前立腺(92.021人)
②胃  (86.905人)
③大腸 (86.414人)
肺  (83.046人)
⑤結腸 (53.940人)

【女性】
①乳房 (93.858人)
②大腸 (65.840人)
③結腸 (47.309人)
肺  (40.777人)
⑤胃  (39.103人)


部位別がん死亡数(2020年)
【男性】
肺  (53.247人)
②胃  (27.771人)
③大腸 (27.718人)
④膵臓 (18.880人)
⑤結腸 (17.965人)

【女性】
①大腸 (24.070人)
肺  (22.338人)
③膵臓 (18.797人)
④結腸 (18.239人)
⑤乳房 (14.650人)

上記のように、肺がんは罹患数では男性・女性ともに前立腺・乳房などの他部位のがんと比べると少ない人数ですが、死亡数では多い人数となっています。男性・女性の人数を合計すると部位別のがんでは死亡数が一番多くなるため、死亡率の高いがんであることが分かります。

がんは進行度によって死亡率が変わり、早期の発見であればがんの広がりが少ない段階で適切な治療を受けることができ、生存率が上がるとともに良い予後が期待できます。
肺がん予防のためにも生活習慣を見直し、たとえ症状がない場合であっても定期的な検診を心掛けることが大切です。

肺がんCTドックとは?

肺がんCTドックとは、胸部のCT検査を施行して、レントゲンでは分かりにくい小さな肺がんや肺気腫などの疾患の有無を診断するドックです。
当院の80列CTでは、数秒間の短い時間で撮影することが可能です。
当日に結果説明がございますので、検査後に医師による画像の読影が終わり次第、検査結果を聞いてお帰りいただけます。
被ばく量の少ない低線量で撮影します。

肺がんCTドックのオススメの方

・喫煙されている方
・過去に喫煙されていた方
・ご家族やご友人、職場など周りに喫煙者がいる方
・家系に肺がん罹患者がいる方 など

肺がんCTドックの内容、費用など

【検査内容】
・診察
・胸部CT(低線量CT)
・結果説明

【費用】
15.000円(税込)2022年8月時点

【所要時間】
約30分~1時間

【注意事項】
・検査前後の飲食などの制限はございません
・検査時に当院の検査着へお着替えいただく可能性があります

【受診の流れ】
①お電話(06-6311-7500)またはネットでご予約ください
②受診当日、受付の際に申込書と問診票をご記入いただきます
 (問診票は事前にダウンロードも可能。「診療内容」>「ドック問診票」のページ下部)
③検査終了後に画像の読影が終わり次第、医師から結果の説明を行ないます
④後日、1週間前後で画像CD-Rと結果レポートをご自宅へ郵送します

最後に

以上、肺がんドックについての簡単な説明をいたしました。
何かご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。

当院では、ご来院の患者様・お付き添いのご家族への手指のアルコール消毒・検温のお願いや、スタッフを含めご来院される全ての方の院内でのマスク着用、診察室や更衣室・検査室などの消毒の徹底など、コロナ感染症対策を万全にして、皆様の御来院をお待ちしております。