BLOG ブログ

抗がん剤投与で治療中の患者様へ

抗がん剤投与で治療中の患者様の中に、「点滴をする度に、血管に痛みを感じてつらい」という方も、いらっしゃるかもしれません。

『CVポート』を使用することで、我慢せずに治療を続けることが出来ます。

CVポートとは?

心臓近くの中心静脈から、薬の点滴を行なうために用いる機器の一種で、医療現場で広く使われています。
点滴用の抗がん剤は、直接血管に注射すると血管に負担がかかり、投与時に血管痛を起こしたり、炎症を起こすことがあります。
CVポートを体内に埋め込むことで、安全にスケジュール通りに点滴を開始することができます。
CVポートの大きさは100円硬貨ほどです。

メリット・デメリット

メリット

・針を刺すことによる血管へのダメ―ジがありません。
・時間通りに治療を開始し、終了できます。
・ポート自体が小さく体内に完全に埋め込むので、見た目にも目立ちません。
・不要になれば、取り出すことも可能です。

デメリット

・埋め込み手術の際、約2cmほどの一本線の傷ができます。
・化学療法をされている全ての方に適している訳ではありません。主治医との相談が必要です。

所要時間、費用

手術は日帰りや入院など、病院により対応が異なります。当院は日帰り手術を行なっています。

所要時間

受付からお帰りまで、約1.5~2時間ほど。手術自体は30分~1時間ほどです。

費用

手術は保険適用です。3割負担の目安は次の通りです。
・ポート挿入  約55.000円
・ポート抜去  約7.000円

実際の利用者様のお声

実際のポート利用者様のお声を、約10分の動画(You Tube)でご覧いただけます。
「私の再発乳がんストーリー」で検索してみてください。

最後に

当院でのCVポート手術は、基本的に日・祝に実施しています。手術にあたって、まずは主治医とよく話し合ってくださいね。

皆様にとって、選択肢の一つとなれば幸いです。