下肢静脈瘤Lower limbs Varicosity

下肢静脈瘤とは

下肢静脈瘤とは

足の静脈が太く浮き出ている、もしくは瘤のように膨らんだ状態をいいます。

下肢の血液は、静脈によって高い所にある心臓に運ばれます。そして静脈には血液の逆流を防ぐための弁がついており、血液が重力に負けて下へ逆流しないようにくい止めています。この逆流防止弁は、足の付け根や膝の裏など、深部静脈との合流部で壊れやすく、これが原因で血液は逆流し、足の下の方に血液が溜まり、静脈がこぶのように膨らむのです。また、静脈瘤の多くは太くなっているばかりではなく、曲がりくねっているものもあります。

症状としては、足の血管がこぶのように膨らんだり、足がつる、むくむ、疲れやすい、皮膚が変色した、かゆい、といったものが多くみられます。

下肢静脈瘤の主な症状

こんな症状があったら下肢静脈瘤という病気かもしれません

  • 症状足の血管が浮き出てる
  • 症状足が重い、だるい、疲れやすい
  • 症状足の皮膚に湿疹や色素沈着
  • 症状足が熱い、腫れる
  • 症状夜睡眠中にこむらがえりが起こる

下肢静脈瘤になる主な原因

下肢静脈瘤になる主な原因

下肢静脈は筋肉の収縮によるポンプ作用と弁の働きによって血液を一方方向へと流しています。
このとき弁が正常に動かなくなると血液が心臓に戻れなくなり下肢に血液が溜まりその結果、静脈が腫れて静脈瘤ができます。 長い立ち仕事などで、長時間血管に水圧がかかると、血液の逆流を防止する「逆流防止弁」に負担がかかり、弁が壊れてしまうのです。弁のなかでも壊れやすいのは、逆流圧が大きくなりがちな脚の付け根や膝の裏などです。
また、なりやすい人の特徴として、「女性、加齢、家族に静脈瘤のある方(遺伝)、立ち仕事(美容師・調理師・店員さんなど)、妊娠・出産をきっかけにしてできやすくなる傾向があります。

下肢静脈瘤の種類

  • 1)大伏在静脈瘤・小伏在静脈瘤

    1)大伏在静脈瘤・小伏在静脈瘤

    ふくらはぎ周辺の2本の静脈の本幹となる太い血管に起こる症状。下肢静脈瘤のなかで、最も多いタイプです。
    大伏在静脈瘤は足首内側や大腿部の内側。小伏在静脈瘤は足首の後ろや膝窩部、膝の後ろがコブのように腫れます。

  • 2)側枝静脈瘤

    2)側枝静脈瘤

    主に膝から下の部分で伏在静脈(足の静脈)より枝分かれした血管が拡張したもの。
    伏在静脈よりやや細かい静脈瘤です。

  • 3)網目状静脈瘤

    3)網目状静脈瘤

    太さが2~3mmの皮膚の直下の小さな静脈の拡張で網の目のように広がります。 青色をしています。
    伏在静脈瘤のように大きな盛り上がりはなく、主に太ももや膝の裏側などに多く見られます。

  • 4)クモの巣状静脈瘤

    4)クモの巣状静脈瘤

    皮膚の表面の下の太さが0.1mm~1.0mmの極めて細い血管が拡張したもの。赤紫色をしています。
    皮膚の内側にクモの巣のような状態で広がって見えます。


治療法

治療法

下肢静脈瘤の種類や程度によってさまざまな治療法があります。
基本的には正しく血液を送ることができなくなった血管をふさぐか、血管そのものを取り除くことです。治療しなければならない血管は、実はこぶのように膨らんだ部分ではなく、離れた所にあって目で見えないことがおおいです。皮膚の上から診ることによってどんなタイプの静脈瘤かは診断できますが、治療法を考えるときにエコー検査で血管の太さや、壊れた静脈弁がどこにあるのか調べる必要があります。

血管内レーザー治療(保険診療)

創の小さい、日帰り手術です。手術後すぐに歩いて帰れます。
直径1mm余りの細いレーザーファイバーを血管の中にいれ、ゆっくり引きもどしながら血管に熱を加えて閉塞させます。

大伏在静脈瘤と小伏在静脈瘤の2種類

対象となる静脈瘤の種類

対象となるのは大伏在静脈瘤と小伏在静脈瘤の2種類の静脈瘤です。
従来実施されていたストリッピング手術と比べて創は少なく、大きさも小さく目立ちません。出血や神経損傷などの合併症も少なくなりました。また、再発率もストリッピング手術と同様に少ないとされています。
手術の後すぐに日常生活に戻ることができます。手術の後一定の期間多かれ少なかれ、ひきつれ感がありますが、自然に治ります。

平成23年1月より血管内レーザー治療焼灼術が保険診療で受けられるようになりました。

平成23年1月より血管内レーザー治療焼灼術が保険診療で受けられるようになりました。
血管内レーザー治療焼灼術の保険診療は厚生労働省により認定を受けた施設で認定医師が手かげることができます。
当院は、血管内レーザー治療が保険診療で受けられるクリニックです。


硬化療法(保険適用)

細い針で静脈に血管を固める薬(硬化剤)を注射し、包帯で圧迫して血管をつぶしてしまう治療法です。1回の施術時間は15~30分ほどです。
対象となるのは細い静脈瘤や処置済みの血管です。太い静脈だと再発します。また、色素沈着したり、しこりが残ることがありますが、時間の経過とともに消失します。20%~30%前後で再発が認められます。

ストリッピング手術(下肢静脈瘤抜去手術)

現在までの標準的な治療法。
下肢静脈瘤の原因となる足の静脈の中に針金を挿入して、静脈を抜き去る手術です。基本的に全身麻酔で1週間入院が必要とされる手術です。血管内レーザー治療と比べると合併症もやや多いです。

圧迫療法

医療用ストッキングや包帯で足を圧迫します。足全体を程よい強さで圧迫し、静脈瘤の進行を防ぐのが圧迫療法です。静脈内に貯留した余分な血液は減り、深部静脈の流れ(還流)が促進され、下肢全体の血液循環が改善されます。
症状の進行を抑えたり、再発防止はできますが、静脈瘤を治す事はできません。

当院では、医療用ストッキングを取り扱っております。詳しくはお問い合わせください。注)注文販売になりますので返品はご遠慮ください。

高位結紮術

静脈を切り取らずに縛り、切り離します。
血液の逆流を無くすため、逆流が起こっている静脈を高い位置で縛るのが高位結紮術です。体の負担はストリッピング手術より軽いですが、再発率も少し高いといわれており、硬化療法と併用して行われることが一般的です。

レーザー焼灼術指導医・弾性ストッキングコンダクター認定看護師

当院では、経験豊富なレーザー焼灼術指導医と
弾性ストッキングコンダクター認定看護師の専門スタッフが対応いたします。

  • 〈認定証〉日本脈管学会認定 脈管専門医 宮本信一殿
  • 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による指導医認定証 宮本信一殿
  • 下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術の実施基準による指導医認定証 ラジオロジークリニック扇町
  • 弾性ストッキング・コンダクター認定証
 
9:00 - 12:00
12:00 - 17:00
17:00 - 19:00 × ×

△・・・第2日曜日は手術のみ

ラジオロジークリニック扇町
大阪府大阪市北区神山町1-7 アーバネックス神山町ビル2階

■JR「大阪」駅・阪急「梅田」駅 徒歩 約15分
■地下鉄谷町線「東梅田」駅 泉の広場(M10出口) 徒歩 約4分
■地下鉄堺筋線「扇町」駅(2A出口)扇町公園を斜め左に通り抜け 徒歩 約5分
■JR環状線「天満」駅 徒歩 約8分
■バス「大融寺」バス停 徒歩 約3分
ページ先頭へ戻る